<<フェラーリ・ミニカーコレクションIV 配列情報 | ホーム | ミッドタウンとスカイライン -後編->>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クンタッシの潜望鏡

さてさてさて、何故か最近「カウンタック ペリスコープ」とか「ランボルギーニ ペリスコープ」とかをキーワードにご来訪される方が多いので今日は先日行われた東京ノスタルジックカーショーで撮影してきた写真からカウンタック編をお送りします。

カウンタックLP400改01

まずはこちら!ウルフカウンタック風に味付けされた「カウンタックLP400」です。

5/24追記

TJさんところのBlogでこのLP400のより詳しいプロフィールが公開されました。
TJ物欲堂本舗の物欲日記 「カウンタックLP400

カウンタックLP400改02

そして、こちらのルーフ部分の凹みが問題のペリスコープ部ですね。
最初に公開された初代のプロトタイプですと、ペリスコープ部の前端はルーフから盛り上がっていて潜水艦に格納されたペリスコープという感じが確かにあります。
生産型ではルーフと面一になっているのでシルエット的には美しくなっていますが、本来の目的への寄与は?です。

カウンタックLP400改03

そして、こちらが真後ろから見たところです。
このペリスコープ部は同じカウンタックでもLP400Sからは廃止されていますので、一番生産台数の少ないLP400だけの特徴です。

カウンタックLP400改04

このLP400はかのスーパーカーブーム時の頃からこの様にカスタマイズされていたそうです。
そういわれるとその頃に見たことがある様な気がします。確か、ランボルギーニのエンブレムの上に日の丸が貼ってあった様な気が・・・
それにしても綺麗に当時の状態を保たれていますね。

クアトロヴァルヴォーレ01

こちらはエンジンが4バルブ化されたクワトロヴァルヴォーレです。
LP5000で4754ccに拡大されたエンジンはクワトロヴァルヴォーレでは5167ccまで拡大されてます。
リアブレーキを冷却するエアーインテークが無いので、これは前期型の様ですね。

クアトロヴァルヴォーレ02

ご覧の通り、ルーフ上の窪みは無くなっています。
更にエンジンフードに6基のキャブレターを収容する大きなパワーバルジができて、後方視界はますます悪化しています。(泣
もっとも、元々無いに等しい視界なので関係ないとも言えると思いますが。^^;;;
北米仕様に途中から追加されたインジェクション仕様ではバルジの形状が違います。

クアトロヴァルヴォーレ03

455psを絞り出すクワトロヴァルヴォーレはクアトロルオーテ誌の実走テストで290km/hを記録したそうですが、200km/hを越える著しく直進安定性に欠けるというカウンタックでその速度を出すのは怖かったでしょうねぇ。^^;;

クアトロヴァルヴォーレ04

カウンタックのリトラクタブルヘッドライトって構造的に外側と上下の三方は稼働の為の隙間が若干有るんですが、内側だけはパネルと面一になっているんですよね。
ヘッドライトが可動式のモデルでここまで再現したモデルは私の知る範囲では有りませんが。

アニヴァーサリー01

会場にはアニヴァーサリーも2台展示されていました。
クライスラーによる買収後初のカウンタックですね。
技術的な面では大きな変更は無いもののエクステリアのデザインは大きく変更されてます。

アニヴァーサリー02

リア周りもこの通り、バンパーの形状は大きく変わり、エアアウトレットなどもブラックアウトされたスリットから同色の縦ルーバーに変更されます。
全体的な形状はちょっとマッチョな感じになってますが、ブラックアウトされていた部分がボディ同色となった事で全体的はスッキリとした感があります。

アニヴァーサリー03

クライスラーに買収された後のモデルだけにこのバンパーなどは最初からアメリカの安全規制を意識して設計されているそうです。
このリアガーニッシュとバンパーを二段重ねした様なデザインはこの後のディアブロにも引き継がれていますね。

アニヴァーサリー04

コチラはもう一台のアニヴァーサリー、特注色のガンメタリックです。
アニヴァーサリーにはランボルギーニの25周年記念モデルですが同時に次期モデルであるディアブロまでの繋ぎであったわけですが、エクステリアを一新した結果、新しい顧客層の開拓に成功し、結果的にはどのカウンタックよりも多く生産されました。
私も後付のパーツが追加されたカウンタックよりはアニヴァーサリーの方が好きですね。
個人的に好きなカウンタックの順番はLP500→LP400→ウルフ→Lアニヴァーサリー→LP400S・LP5000→クワトロヴァルヴォーレでしょうか。どれも好きですけどね(w

セーフティーカー01

ついでというかオマケで紹介。
最近ベルテンポからパルマ43ブランドで発売されたカウンタックLP5000.のセーフティーカー「1983年モナコグランプリ」版です。
制作はixoで、ixoからは以前1982年白のカウンタックセーフティーカーか出ていましたね。
このモデル特注のせいかいつものixo製よりもいくらか仕上げが綺麗なような気がします。

セーフティーカー02

このセーフティーカーのドライバーを努めたのは往年の名ドライバー、ジャッキー・イクスです。
ジャッキー・イクスとモナコGPというと、この翌年豪雨でレースの中断を決めたエピソードが有名ですね。
ちなみに、この年のモナコを征したのは前年のチャンピオン「ケケ・ロズベルグ」です。

セーフティーカー03

さて次回更新からようやくフィアット編再開の予定です。

スポンサーサイト

テーマ:スーパーカー - ジャンル:車・バイク

【2007/05/21 00:59】 | Auto | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
<<フェラーリ・ミニカーコレクションIV 配列情報 | ホーム | ミッドタウンとスカイライン -後編->>
コメント
ジャバママと申します。

TJさんのところから来させて頂き、あまりに美しい写真でただただ、みとれました。

私もここにいましたが、なんだかこんなに鮮明にまた見れて本当に良かったです!!
過去の文章も面白く興味深く読ませて頂きました。
とっても、いい写真が見れました!!ありがとうございました(^.^)
【2007/05/23 22:01】 URL | ジャバママ #Mj4RvcYw[ 編集] | page top↑
ジャバママさん、はじめまして!
写真をお褒めいただき恐縮です。(●´ω`●)ゞ

この日の写真はまだありますので、フィアット編と交互に公開して行く予定です。
ゆっくりとですがお待ちいただければ幸いです。
【2007/05/24 00:48】 URL | BK-BEL #qbIq4rIg[ 編集] | page top↑
この歳になっても見ると胸踊るくるまですよね〜〜〜カウンタックは〜〜〜^^

やっぱ芸術品ですね〜〜〜うんっ!!!
【2007/05/26 20:53】 URL | 歩瑠(ぽる) #N1/xGLWM[ 編集] | page top↑
そうですね。
カウンタックも決して突発、突然変異的に出てきた車ではなく60〜70年代のデザイン変遷の潮流のなかで変化・完成されたスタイルですが、一つの到達点で有る事に異議を挟む人は少ないでしょう。

それを決して楽ではなかったランボルギーニ社の台所事情のなかで無事リリースまで持って来た当時のスタッフには敬意を抱きます。
【2007/05/27 14:58】 URL | BK-BEL #qbIq4rIg[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/06/08 12:43】 | #[ 編集] | page top↑
こんばんは、Model_Carと申します。

実は、私も「カウンタック ペリスコープ」で検索してこちらにたどり着きました。(笑)

実は、名古屋でのノスタルジックカーショウでこのクルマを見たのですが、LP500?LP400?などと悩んでしまって、いろいろ情報を探し回っておりました。

こちらで分かりやすい情報が得られて感謝しております。
ありがとうございました。

初コメントで恐縮なのですが、リンクさせていただいてよろしいでしょうか?
【2007/08/03 00:01】 URL | Model_Car #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bkbel.blog93.fc2.com/tb.php/347-b0665fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Lamborghini Countach LP400 Wolf仕様
Nagoya Nostalgic Car Show 2007in Port Messe Nagoya6/2〜6/3※【訂正】※ この記事へのshinさんのコメント、及び、BK-BELさんの「Uncertain Blog -不確実なブログ-」内の記事「クンタッシの潜望鏡」※ での情報を参考にさせていただいた結果タイトルの車名を訂正いたし Real_Model_Car【2007/08/02 23:54】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。