<<ルノー8ゴルディーニ -R8Gその4- | ホーム | R8G以前のアメデー・ゴルディーニ -R8Gその2->>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ルノー 8 マジョール 1/48 ソリド -R8Gその3-

今回は「R8G」の元になった「ルノー8(ユイット)」についてです。


r8&r8g


ルノー8は「ルノー5CV・ドフィン」の後継機として開発された大衆車で、1962年6月の発表・発売です。
同時期に発売された「シムカ1000」と共にフランスの大衆車の主流を「シトロエン2CV」「ルノー4CV」などのクラスから一つ上のクラスに引き上げた傑作大衆車の一つで、日本で言えば初代の「サニー」と「カローラ」に位置付け的には近いでしょうか。


r8前   r8後
ソリドの1/48 ルノー8マジョール

基本的なメカニズムはドフィンから継承されていますが、ドフィンが丸みのあるデザインだったのとは対照的に内部容積を優先した四角いボディとなって居住性や使い勝手を向上させています。
しかし、ただ単に四角いだけでなくボンネット中央を絞っていたりなどプレスラインは細かい部分で意外と凝っていて、それがR8になんともいえぬ味のある表情を加味しています。


シムカ1000前   シムカ1000後
ライバルのシムカ1000LS、ノレブ製の1/18
アバルトバージョンの1150ではダミーグリルが大きくなってヤンチャな顔付きになっています。
  コチラもRRなので、当然エンジンは後部に搭載しています。
方向性など非常に似かよった2台です。

エンジンは同系のOHVエンジンですが排気量を845ccから956ccにアップ、5ベアリングタイプとする事で出力を26.5HP/4250rpmから40HP/5200rpmへと大幅に向上させ、最高速度も108km/hから125km/hに向上、高速巡航性能をアップさせています。(出力はいずれもDIN)


50~60年代の小型大衆車にRR方式が多いのはVW-Type1、つまりビートルの影響が大ですが、1959年にはミニが、そして1961年にはルノー4が登場し成功を収めた事により小型車の主流がFF方式に移行し始めます。
しかし、技術的、生産設備的にこなれたRR方式を採用する車もまだ多くR8ではドフィンからRR方式を引き継ぎ採用しました。
機械的な面で特筆すべきところは、リッタークラスの大衆車では世界で始めて四輪ディスクブレーキを採用し、向上した出力にふさわしいストッピングパワーが与えられています。


r803   r804
眉毛繋がりの親父顔ですが、愛嬌あるでしょ?   横から見ると弁当箱スタイルが歴然ですね。

後輪懸架はドフィンと変わらずスウィングアクセルですが、トラニオンをピポットとする形式からトレーリングアームで前後ロケーションする方式に改められています。
ギアボックスは当初ドフィンと同じ3段フルシンクロか4段でしたが、64年から4段フロシンクロが標準、3段電磁操作の自動変速機もオプションで用意される様になりました。


写真のミニカーは1964年に登場した「R8 マジョール」で装備等の変更により車重が725kgから760kgに増えたものの、排気量も1108ccに拡大し出力を50ps/4600rpmにアップした結果、最高速も134km/hまで伸びています。
最初のR8Gはこのマジョール版の1108ccエンジンを元にして開発されています。


r805   r806

その他にも1966年に登場した前後のオーバーハングを205mm延長し荷室容量アップを図った「ルノー 10」、ノーマルのR8とゴルディーニの中間くらいの性格を狙った1968年に登場の「ルノー 8S」(53HP/5300rpm)などが系列車としてはあります。


RRの大衆車もこの頃になると常用域ではRR特有の癖を押さえ込む事に成功しており、フランス車特有の心地よいシートなども相まって街乗りも長距離も楽々とこなすR8は当時のリッター級サルーンでは最高との評価が現代でもされています。


r807


写真のモデルはフランスの老舗メーカー、ソリド製1/48のモデルです。
仕上げや細部は荒い部分も有りますが、お値段も安めですし、やや細めですがプロポーションも良好なモデルです。
ソリドの1/48はノスタルジックさやチープさともまた違った不思議な味がありますね。1/18のシリーズなどはまた違った感じなので、これはこの様にディレクションされているのだと思います。


次回は、4回目にしてようやく本題に入り「R8ゴルディーニ」についてです。


R8マジョール
ソリド 1/48 No.45101
ルノー8 マジョール1100 (ブルーグレー)
 
実車スペック
  大きさ 3995×1490×1410mm
  ホイールベース 2270mm
  重量 760kg
  エンジン 水冷直列4気筒OHV 1108cc
  最高出力 46HP/4600rpm
  最大トルク 8.5kgm/2800rpm
  駆動形式 RR4速
  サスペンション 前/後: ダブルウィッシュボーン/スウィングアクセル セミトレーリングアーム
  ブレーキ 前/後: ディスク
スポンサーサイト
【2006/07/10 02:57】 | ミニカー フランス車 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ルノー8ゴルディーニ -R8Gその4- | ホーム | R8G以前のアメデー・ゴルディーニ -R8Gその2->>
コメント
コメント有難うございました。。。
いつ見ても綺麗な画像ですね。
背景にまでこだわりがうかがわれます。
またちょくちょく寄らせて頂きます。。。
【2006/07/12 18:07】 URL | ぽるちゃん #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
ぽるちゃんさん、いらっしゃいませ。
まぁ、写真はこのBlogの唯一の存在意義ですから。^^;;
その割にはミニカー的に旬の話題が少ないんですけどね。
でも写真も上には上がどど〜んといらっしゃいますますので、少しでも上達目指して頑張りますので、これからもよろしくお願いします。
【2006/07/13 01:26】 URL | BK-BEL #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bkbel.blog93.fc2.com/tb.php/266-bbfec722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。