FC2ブログ
<<HONDAモンキーコレクション 1/20 サンエス | ホーム | 撮影失敗>>
狼の兄貴はファイティング・ブルだった

私たち第一次スーパーカー世代にとってはミウラなどのスーパーカーと切っても切れないのが漫画「サーキットの狼」です。


  JC版  
  ジャンプコミック版 全27巻  

ご存知でしょうが、週刊少年ジャンプに連載されていたカーレース漫画でスーパーカーブームの火付け役でもあります。
ミウラ(P400S)は主人公「風吹裕矢」の姉の恋人で(後に結婚)新進気鋭のレーサー「飛鳥ミノル」の愛車として登場し、物語中盤の流石島レースではマシントラブルに悩まされつつも3位入賞を果たしています。


プロレーサーで抜群のドライビングテクニックを持つ飛鳥ミノルは、風吹裕矢にとって憧れ対象であり良き兄貴分です。
その愛車ミウラも裕也の憧れのスーパーカーとしての役割を与えられており、停車しているシーンで見開きを使うなど描写も他の車以上に丁重に描かれています。
他のキャラクターとその愛車にもいえる事ですが、この組み合わせがなかなか良く考えられていて、時にはその性能を活かし裕也たちの闘いをアスカと暖かく見守り、時にはそのデリケートなメカニズムゆえのトラブルでアスカと他のドライバーとの腕の差を吸収しドラマに緊張感を与えていました。
漫画の中での一番の魅せ場は、やはり流石島レースでの「潮来のオックス」が駆る兄弟車「イオタSVR」との一騎打ちでしょう。
ここでは性能で勝るイオタに対しプロレーサーらしい落ち着いた対処で勝利を収めています。


  MCC版  
  マインドカルチャーセンター版 全19巻
他にも秋田まんが文庫版が有った筈です。
 

当時、私の周囲で人気があったのはサーキットの狼での活躍を反映してか「ロータス・ヨーロッパ」「ランボルギーニ・カウンタック」「ランボルギーニ・ミウラ」「ポルシェ・930ターボ」「ランチャ・ストラトス」「ディノ246GT」辺りで、私は中でもミウラが一番好きなミウラ派でした。
今でも一番好きなスーパーカーは?と聞かれれば躊躇無く「ミウラ!」と答えますね。二番目は当然ながらヨーロッパです。
ちなみにフェラーリの12気筒勢は漫画ではそれ程活躍していなかったので、周囲では一番好きなマシンとして上げられる事は当時は少なかったと思います。
※雑誌やTVなどのスーパーカー特集では「ランボvsフェラーリ」みたいなくくりだったのでメディア露出度は決して低くはなかったです。


  1巻中表紙  
  JC版1巻の中表紙にも登場  

そのサーキットの狼ですが、昨年から今年にかけてが連載開始30周年という事で記念のイベントやグッツの販売も行われています。
更に7月からはCSやケーブルTVで放送されている「MONDO21」にて「蘇れ!サーキットの狼」という番組がスタートします。
2回目の放送がミウラの特集という事で今から楽しみにしている私であります。
※1回目は当然ロータス・ヨーロッパで、東京のロータススペシャルショップ「テクニカル ショップ HAPPY」さんの手がけた47GTや裕也スペシャルレプリカが出てくるそうです。
なお、現在はその放送に先立つスペシャル版がリピート放送中です。


ミウラ


サーキットの狼の登場とそのヒットは、この後の日本の自動車市場やオートスポーツに良くも悪くも色々な影響を残したと思います。
ネコ・パブリッシングの雑誌でも「ROSSO」や「SCUDERIA」辺りは創刊されなかった可能性なんかもあるんじゃないでしょうか。
後の漫画への影響という事でも「学園」「スポーツ」「SFアクション」以外の分野、しかも実在のマシンを扱った漫画でこれだけ大きなヒットが出たという事で少年漫画が扱うジャンルの拡大へも少なからぬ影響があったと思います。


30周年を機会に他にも色々と展開されると個人的にはとても嬉しいですね。

スポンサーサイト



【2006/06/23 01:39】 | ミニカー イタリア車 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<HONDAモンキーコレクション 1/20 サンエス | ホーム | 撮影失敗>>
コメント
本物のミウラはエンジンとミッションを同じオイルで循環しているのでエンジンパワーに対して問題があったりします。でも内部に仕切りつけたりします。ミウラも初期のP400はリアゲートの取り付けにも問題があったりして(走っていて開いてしまう事があります)P400S仕様に改造されているほうが良いんです!!
【2006/06/23 23:06】 URL | TJ #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
TJさん、コメントありがとうございます。
エンジン構造に根本的に手が入るのはSVの途中からですね。
流石に4リッターの高回転型でミニのエンジンと同じ構造は無理が有りすぎですね。
リアゲートの件はこのモデル、なんとソコまで再現されてまして、ちょっと動かすだけでパッカンパッカン開いて鬱陶しいたらありゃしないです。(w
【2006/06/24 08:33】 URL | BK-BEL #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
ゴールドカラーのミウラて珍しいですね!!
ミウラのデザインはベルトーネでしたっけ?
もしかして、ピンファリーナ?
 僕も大好きなデザインですが・・・僕の一番はディノです!!(裕也の二台目となった車両です!)
【2006/06/24 08:41】 URL | かんちゃん #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
かんちゃんさん、こんにちは。
そうですね、ゴールドは本物のミウラ基本7色には入っていませんので発注時に特注をかけないとなかった筈です。
ちなみに、京商のこのシリーズ次はカウンタックのゴールドだそうです。^^;;
ちなみにデザインはベルトーネです。
今はジウジアロー原案、ガンディーニのフィニッシュとする説が一般的だと思います。
ディノもいいデザインですよね。
良いモデルが入手できたら必ず取り上げるつもりです。
【2006/06/24 13:21】 URL | BK-BEL #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bkbel.blog93.fc2.com/tb.php/252-f288fa16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |