FC2ブログ
<<ポテチでは買えませんが | ホーム | ライブ ショック!>>
マイクロマイクロ大作戦

ところで、さんの処でちょっと前にマイクロカーの話題が出たのですが、余所様のコメント欄にあまり長々と書くのもなんですし今日はこちらにそのマイクロカーについてちょっと書いてみたいと思います。
マイクロカーに関してそれ程詳しくはないのですが、自分のまとめ用メモとしても一度書いておこうかと。

mc06013003a.jpg

MC1マイクロカーって単語そのものが日本ではあまり馴染みのない言葉だと思いますがヨーロッパの一部の地域(フランス・イタリア・スイス辺りかな?)で重宝されている超小型の四輪もしくは3輪の車の事です。
サイズ的には日本で使われている軽自動車より更に小型で、排気量ではなく最高出力や最高速度で区分される場合が多いです。

法規的には四輪の原動機付自転車として扱われます。
これは、マイクロカーの先祖が第二次大戦後〜スエズ危機位の時期にヨーロッパで流行ったキャビン付のスクーター「バブルカー」(キャビンの形が泡のように丸い車種が多い事からこう呼ばれます。)だったからです。つまりマイクロカーは四輪車の小型化として出現したのではなく、原付の発展型として進化して来たのです。

Isettaちなみにバブルカーとして有名な車種にはイソやBMWのイセッタ、メッサーシュミットのKR200などがあります。日本ですと富士自動車のフジキャビンが有名ですね。
ただ、日本でバブルカーと云うとバブル経済期に生産されたニッチマーケット向けの車を指してしまう事が多いのでちょっと注意です。
さらにちなみに、このバブルカーを殲滅すべく創造されたのが英国の名車モーリス・ミニです。
バブルカーはミニなどの小型大衆車が普及するにつれて衰退して行きましたが石油ショック以降、経済性を再評価されフランスを中心に復活し今に至っています。
この時代の車の写真は写真家、島村英紀氏のページに色々と掲載されています。

島村英紀が撮ったシリーズ 「不器量な乗り物たち」その1:生活圏編

FunQuad340マイクロカーのメリットとしては、法制上は原付なので税金が安い、免許の習得が簡単などがあります。価格的には通常の小型車とあまり変わりません。
また、ヨーロッパの古い都市では道幅が極端に狭い部分があるので、そういった所での運搬業務にも重宝されている様です。最近では環境対策で自動車の流通量が制限されている地域でもマイクロカーは使用されているそうです。
ユーザー層としては比較的高年齢の方が多い様ですが、近年になってメーカーからデザイン的に若い世代向けのモデルが出荷され始め、ある程度売れている様です。

APE50Pick-Upマイクロカーの具体的な規格ですが、イタリアでは、重量350kg以下、最高速度45km/h、出力4kW(5.4ps)以下のディーゼル車となります。
自動車専用道路は走れませんが、税金が原付2輪に準じるほか、免許は14歳以上なら簡単な筆記のみの試験で修得できます。試験が導入されたのは2004年7月からでそれまでは14歳以上なら免許無しで乗る事ができました。
asahi.comにベスパのピアジオ社がリリースしている3輪トラック「アペ」を使用している人に取材した記事がありましたので、現地での使われ方の参考になるかと思います。

asahi.com
 イタリア発アモーレ!モトーレ! 「生き残った3輪トラック」

SCOUTYフランスではクワドリシクル(4輪自転車)と呼ばれています。区分が2つ有りまして、出力5.6PS以下、最高速度45km/hまでは「原動機付き軽4輪自転車」として16歳から無免許で運転できます。そして、もう1つ出力20PS以下、最高速度制限なしの「原動機付き大型4輪自転車」の区分もあり、同じく16歳から学科試験のみで取得できる専用免許で運転できます。
エンジンはディーゼルと電気モーターが使用されています。「原動機付き軽4輪自転車」に使用されているディーゼルエンジンは何故か日本のクボタ製の汎用エンジンが多いそうです。

無免許や簡単な試験で四輪に乗れてしまうのは馬車からの長い伝統で基本的な交通ルールくらいは常識の一部として躾られているでしょうという考え方の様です。

最後に代表的なマイクロカーのメーカーサイトをあげておきます。日本である程度知られているのは、スマートのMMC社とベスパのピアジオ社くらいでしょうか。

スポンサーサイト



【2006/01/31 21:44】 | Auto | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ポテチでは買えませんが | ホーム | ライブ ショック!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bkbel.blog93.fc2.com/tb.php/210-5bfec001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |