FC2ブログ
<<Stray boar's rhapsody -順風満帆編- | ホーム | もう一組の双子>>
夢の重さは170kgなり

db605112105.jpgミラノショー関連の4回目はビモータ「DB6 Delirio」です。
新生ビモータの第3弾となる本車は「DB5 Mille」のフレームとエンジン(ドゥカティのDS1000と同じ物を独自にチューニング)を使用したネイキッド(アチラ風に書くとストリートファイター系)です。

車体は基本的には「DB5 Mille」と同じですが、流石に1年後にリリースされたバージョンだけにサイレンサー周りやライト周りなどより一層洗練されたデザインになっていると思います。
デザインは当然の事ながら前作などと同じセルジオ ロビアーノ氏です。

DB6   DB6

一番大きく変わったのはビモータの市販モデルとして初めてタンデムシートが付いた事でしょうか。
その為にフレームの一部が強化されたのでしょうあか、カウルが無くなったにも関わらず重量は+5kgの170kgとなっています。
しかし、1000ccのエンジン搭載マシンの乾燥重量が170kgというのは相変わらず滅茶苦茶軽いです。

 

エンジンは空冷L型ツインのデュアルスパークプラグタイプで出力は90馬力/8500rpmです。現在の基準でいうと高出力というほどではないですが、必要充分以上ですし、車重が軽いので軽快な話が楽しめるのではないでしょうか。
タンクの形状、パイオリの倒立サス、オーリンズのリアモノショック等は変わりませんが、ブレーキはウェーブタイプの新しい物に変更されています。

で、気になるお値段ですが約250万との事。う~ん、装備品等を考えると高いとは言えないですが、やっぱり高!(w
宝くじにでも当たったら欲しい一台では有ります。

スポンサーサイト



【2005/11/21 22:56】 | Moto | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Stray boar's rhapsody -順風満帆編- | ホーム | もう一組の双子>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bkbel.blog93.fc2.com/tb.php/113-cb8dd19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |